アイネットFXタイアップキャンペーン『投資苑』プレゼント!

当ブログからアイネットFXに新規口座開設を行い、
初回2万円以上の入金で、
『投資苑~心理・戦略・資金管理』(税込6,090円)をプレゼント中!

  投資苑
>アイネットFXキャンペーン、投資苑プレゼント詳細記事はコチラ!

スポンサーサイト

FX必勝法FX初心者FX比較 --年 --月 --日

ランキングを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インヴァスト証券
応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 為替ブログへ

尖閣諸島衝突問題で新事実?巡視艇乗員が弾みで海に落ちた時、中国漁船員がモリで突いたというのは本当か?

FX必勝法FX初心者FX比較 2010年 10月 24日

ランキングを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

なんか石原都知事がテレビ番組で
とんでもない発言をしたようですね。

石原都知事が言うには、
仄聞ソクブンですが
尖閣諸島で中国の漁船と
日本の海上保安庁の巡視艇日本の巡視艇が
衝突した時弾みで落ちた日本の乗組員に対して、
中国漁船の乗組員がモリで突いたらしいんです。

(仄聞ソクブンとは少し耳にはいること。
人づてやうわさなどで聞くこと)

ソースはこちら→YouTubeの動画へ

これが本当であればかなり衝撃的ですね。

海保隊員が死亡したなんて噂すら出ています、
ビデオもあるようなのですが、
これが本当ならば逆に公開できないのかも・・・。

もし公開したならば、
日本国民の世論が大変なことになるかもしれません。

現在中国はGDPで日本を抜きました。

また国際的に現在通貨安競争という問題もありますが、
最も被害を受けているのは、
史上最高レベルの円高で苦しんでいる日本だと思います。

中国の人民元という通貨は変動制ではなく、
管理フロート制(管理変動相場制)であり、
同時に通貨バスケット制を導入している。

人民元はおおざっぱに言ってしまうと、
通貨の価格を中国の都合の良いように
決める事が出来ると言う事だとおもいます。
(間違っていないですよね・・自信ないですが)。

だからアメリカも中国から輸出されまくり、
痛い目にあっているので、
お願いですから人民元を切り上げて下さい
とお願いしているんでしょう。

あんまり考えた事もないですが、
実は日本も中国の輸出攻撃に対して
痛い目にあっているのかもしれません。

世界の輸出No1は現在中国ですから、
2位はドイツで3位はアメリカ。

日本って実は4位なんですね。

しかも中国には、
2倍以上の差を付けられています。

この辺の問題はあまり問題にはなっていませんが・・。

しかし、それが実は間接的に
自分の首を絞めている事に繋がっているのかもしれません。

中国の輸入が減ったり人民元が高くなると、
インフレになるなどという話もありますが、
実は日本ってインフレになった方が良いんですよね。

デフレスパイラルに陥って苦しんでいる訳ですから・・。

そんな経済的な事を考えてみると
日本のように変動相場性を採用している国が
馬鹿を見る状態になっているのかもしれません。

そして日本は円高に苦しみ国力を弱めて、
中国は人民元が安い為に国力を強めています。

この流れを本当は断ち切らないと、
不公平なままずるずる進んでしまいますね。

また尖閣諸島にあると言われる石油の埋蔵量は、
推定1095億バレルという
イラクの埋蔵量に匹敵する量だと言われています。

推定で700兆円前後の価値があるようですね。

ちなみに各国の石油埋蔵量ですが、
1位がサウジアラビアが2640億バレル、
2位がイランの1370億バレル、
3位がイラクの1100億バレルと言われています。

もし日本が尖閣諸島の石油を
普通に所有できれば石油大国になりますね。

もちろん中国はこれを奪いたいと考えているんです。

なんか色々問題が絡み合っていますねぇ。

ところで今月で終了する激甘FXキャンペーンを
まとめましたので興味のある方はチェックしてください。

今月で終了するFXキャンペーンなどをメモしてみた


インヴァスト証券
応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 為替ブログへ

コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/24(日) 23:53 | | #[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kenrio.blog28.fc2.com/tb.php/867-8d671b48
FX必勝法記事にトラックバックする


※利用規約※ご提供する情報に関して細心の注意を払っておりますが、
掲載されている内容に関する正確性、妥当性、違法性、目的適合性などの事項において、
これらの事項に対して当サイトでは責任を負わないものといたします。
実際の取引や情報に関しては、各FX業者にて確認を行い、
全て自己責任の上で取引を行ってください。
フォーランドフォレックス 倒産
フォーランドフォレックス 停止
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。