アイネットFXタイアップキャンペーン『投資苑』プレゼント!

当ブログからアイネットFXに新規口座開設を行い、
初回2万円以上の入金で、
『投資苑~心理・戦略・資金管理』(税込6,090円)をプレゼント中!

  投資苑
>アイネットFXキャンペーン、投資苑プレゼント詳細記事はコチラ!

スポンサーサイト

FX必勝法FX初心者FX比較 --年 --月 --日

ランキングを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インヴァスト証券
応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 為替ブログへ

ギリシャ危機をまとめてみた、ギリシャは破たん寸前

FX必勝法FX初心者FX比較 2010年 05月 09日

ランキングを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

ギリシャは1100万人という小国で、

ユーロ圏の中でも重要な位置を占める国でもない。


しかし、ギリシャの国が発行する国債

などをユーロ圏の金融機関が大量に保有しているようだ。


なので、ギリシャが破たんした時には

ユーロ圏全体が不良債権を被ることになり、

経済が混乱しユーロの信用もなくなる。


ドイツやフランスなど競争力の高い国がある一方、

競争力の弱い国の失速によって、

通貨の信用がなくなってしまうというのは、

ユーロの通貨としての信用が無くなることに繋がる、

連帯責任的な事になってしまうからだ。


ギリシャはインフレしやすい体質のようで、

本来ならそういう国は金利を上げることで、

お金の流出を抑えることによって、

インフレを抑える経済対策をとる。


しかしギリシャはユーロを使っているために、

自国で勝手に金利を操作することができないのだ。


ユーロの金利を決めるのは、

欧州中央銀行(ECB)であり、

ユーロ圏の政策金利が一律になってしまうため、

国ごとの金利操作をする事ができないわけである。


この点もユーロのリスクにも繋がっている。


ギリシャは財政赤字がかなり凄い事になっているようだが、

公務員の給与や年金保証も手厚かったようだ。


当然無いものは支払う事が出来ないし、

ギリシャは支援してもらうためにも、

給与カットや年金のカットの財政再建策をとるようだ。


これに対して国民は猛反発している。


つい先週公務員が48時間労働しない

というストライキをしている。


国が破たん寸前で他国から助けてもらうため、

至極まっとうな財政再建策に反発して

こんな行為をするとは、自分勝手極まりないです。


ギリシャはもう終わっているのではとも思いますね。


アルゼンチンの国家破たんのデータも調べてみましたが、

なんかその時と流れが似ていますね。


ギリシャという国家に対する信用が無くなってきています。


ただ、ユーロ圏16カ国はギリシャを

正式に支援することにしたようです。


続きはコチラです

明日は荒い値動きになりそうだ


インヴァスト証券
応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 為替ブログへ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kenrio.blog28.fc2.com/tb.php/611-2c6ccb1a
FX必勝法記事にトラックバックする


※利用規約※ご提供する情報に関して細心の注意を払っておりますが、
掲載されている内容に関する正確性、妥当性、違法性、目的適合性などの事項において、
これらの事項に対して当サイトでは責任を負わないものといたします。
実際の取引や情報に関しては、各FX業者にて確認を行い、
全て自己責任の上で取引を行ってください。
フォーランドフォレックス 倒産
フォーランドフォレックス 停止
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。